猫がペット検診を受ける必要性

今や日本は、ペット大国といっても過言ではありません。子どもの人口よりもペットの数が多いともいわれています。
そのため、家族同様にペットを可愛がり、ペットの存在が生きていく糧になっている方も多いでしょう。ペットの健康の為にも、定期的にペット検診を受けることはとても大切です。こちらでは猫がペット検診を受ける必要性をご紹介いたします。

早期発見に繋がる

猫は、他の動物と比べてとても我慢強い傾向があります。身体の調子が悪くても飼い主にさえ弱っている姿を見せることがありません。そのため、猫が調子悪そうにしているなら、それは症状がかなり悪化しているといえるので、早めに病院へ行くことが大切です。このように猫の体調は、見た目で判断することが難しいので、病気の早期発見や予防の為にも、ペット検診が重要になってくるのです。

肥満には要注意

ポッチャリした猫は、なんだか愛嬌があり可愛く見えてしまうものです。猫は痩せているよりも、少し太っていたほうが、のんびりした雰囲気があって良いと思う方は多いでしょう。しかし少し太っているくらいなら良いですが、肥満気味だと気をつける必要があります。人間の肥満が様々な病気のキッカケになるように、猫の肥満にも同じことがいえます。

太っていることで血管や心臓に負担がかかってしまいます。また皮下脂肪の増加は、皮膚病の原因にもなり、発病してしまうと治療に時間がかかってしまうので気をつけなければいけません。

猫の身体の為にも

もし定期検診を怠って、病気の発見が遅れて重症化した場合、手術を受ける可能性が高くなります。メスでお腹を切られることは、猫の身体に多くの負担をかけますし、ストレスが溜まってしまいます。毎日快適に過ごせるようにするためにも、ペット検診をご検討されてはいかがでしょうか。

学が丘動物病院は神戸で、うさぎの診療・検査を行っております。猫や犬のワクチン接種や検査は、
経済的に負担がかかってしまうものです。学が丘動物病院では、お得なウェルネスプランをご用意しており、様々な特典をつけて、検査や予防をすることができます。神戸にお住まいで、ペット検診のご検討をされている方は、ぜひ学が丘動物病院へご相談ください。