再生医療について

再生医療へのとりくみ

再生医療とは?

再生医療とは、本人から採取したいろいろな器官や臓器などの基となる細胞(幹細胞)を身体の外で培養し、 再移植することで正常な機能を取り戻す先進医療です。
通常の薬品治療とは異なり、身体が本来持つ修復機能や自己治癒力を利用することが再生医療の大きな特徴です。

再生医療の種類

学が丘動物病院では『免疫細胞療法』と『幹細胞療法』という、大きく分けて二種類の再生医療をご提案しています。

免疫細胞療法とは?

動物には病気やけがに対して、自分で治そうとする免疫力(リンパ球など)という自然治癒力が備わっており、体内のウィルスや細菌を退治する働きがあります。
免疫細胞治療法は、このような生まれつき備わっている免疫力を利用したり、免疫力を強めたりすることで、癌などの病気の発症や進行を抑える治療方法です。

治療の特徴

副作用がほとんどない
薬剤とは違い、患者さん自身の免疫細胞を投与するため拒絶反応などの副作用がほとんどありません
他の療法との相乗効果
化学療法、放射線療法、さらには漢方療法、温熱療法などの様々な治療法との併用で 効果を上げている症例があります。
また、他の療法による副作用を軽減するといった効果も期待できます。
再発予防
免疫力を向上させる治療法のため、病気の再発防止や癌の転移の抑制にもつながります。

免疫細胞療法の種類

活性リンパ球(CAT)療法
イヌ、ネコの血液(10-12ml)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を行ないます。 その後、およそ1,000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。
樹状細胞ー活性化リンパ球(DC-CAT)療法
すりつぶしたがん細胞(腫瘍組織)を、樹状細胞と一緒に培養します。 樹状細胞はリンパ球にがんを特異的に攻撃させるための目印を持つ細胞です。 この樹状細胞と活性化して1,000倍に増やしたリンパ球を投与することで、よりがん細胞 に対して特異的にリンパ球を攻撃させる療法です。

動物にはさまざまな器官や臓器などに変化する『幹細胞』と呼ばれる細胞が存在します。この細胞は骨髄液中や皮下脂肪に含まれ、骨や筋肉、心筋細胞などに変化(分化)することが知られています。
幹細胞療法は、幹細胞の分化する能力を利用することで、自分の細胞から器官や臓器を再生させる治療法です。

炎症性の関節炎や椎間板ヘルニアなどに効果
幹細胞の分化作用によって、怪我や病気で傷ついた脊椎や関節部を再形成・修復を促します。
他の療法との相乗効果
化学療法、放射線療法、さらには漢方療法、温熱療法などの様々な治療法との併用で 効果を上げている症例があります。
また、他の療法による副作用を軽減するといった効果も期待できます。

骨髄幹細胞療法(MSC療法)
動物から骨髄液を採取し、骨髄中の幹細胞を2週間かけて培養し、細胞の数を増やします。 増えた細胞を集め、注射や点滴によって体内に投与します。
脂肪幹細胞療法(ADSC療法)
脂肪幹細胞は皮下脂肪に存在しています。 動物から脂肪組織を少しだけ採取し、幹細胞を単離、細胞を培養します。 2週間かけて細胞の数を増やしてから、細胞を集め、洗浄して、患部への直接の注射や点滴によって体内に投与します。

学びが丘動物病院が実際に施術した症例の内容です。
これらは、幹細胞治療を行った以外には変更した治療や食事はありません。

1.ミニチュアダックスフンド
椎間板ヘルニアの手術歴あり。最近後肢がもつれるようになり、積極的に歩行ができなくなっていました。
幹細胞治療後は、後肢のもつれが改善しておりお散歩も積極的に歩くようになりました。
2.日本猫
慢性腎不全治療中であり、腎臓関連の血液検査値が徐々に上昇しており、3年間の治療歴があります。
年々数値は上昇する傾向にあったが、幹細胞治療後1カ月で治療前と後を比較したところ、明らかに改善しました。

処置前BUN69.9 Cre4.3  →  処置後BUN64.3 Cre3.8

3.日本猫
慢性膵炎を患っており、スタンダードな治療では改善が困難とされる状態でありましたが、幹細胞治療後には治療前に測定限界値を振り切っていた数値が明らかに低下しました。

猫膵特異的リパーゼ(Spec fPL)

処置前50.0μg/L  →  処置後10.3 μg/L

「大切な愛犬・愛猫の健康のために。」お気軽にご相談下さい。tel:078-781-7444

診療予約はこちらから

会員登録について

返信メールが届かないとき

トップへ戻る